審美歯科|笠間市友部の歯医者なら、あさひ歯科クリニック

Aesthetic dentistry

審美歯科とは

審美歯科は口元の美しさに重点を置いた歯科治療です。自然な白色のセラミックを使い、歯の黄ばみや銀歯といった見た目のマイナスポイントを改善します。

施術メニューのほとんどが自由診療(全額自己負担)であるため、通常の歯科治療よりは高額となりますが、口元に自信を持つことで心からおしゃべりを楽しめる、精神的に前向きになれるというメリットがあります。

セラミックを使った治療

セラミックの詰めもの・被せもので美しい歯を作ります。セラミックは天然歯のような自然な白さを持っています。金属を使用していないため、アレルギー発症の心配もありません。耐久性が高く長持ちすることから、最もポピュラーな審美歯科用素材として広く使用されています。

当院では、以下のような素材を取り扱っています。症例に合った最適な素材をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

種類 素材 硬度 色調 耐久性
ジルコニア 酸化ジルコニウム+
特殊強化ガラス
天然歯より硬度が高い 自然な白さと透明度 変色・着色なし
オールセラミック 特殊強化ガラス 天然歯より少し硬度が高い 自然な白さと透明度 変色・着色なし
ハイブリッドセラミック プラスチック+特殊強化ガラス 天然歯と同等の硬さ 自然な白さと透明度 長年使用すると
変色・着色を起こす

審美歯科の治療例

  • セラミッククラウン

    歯を削った上に乗せる被せもので、自然で美しい白い歯にします。口を開くと銀歯が見えて気になる方や、見た目が自然な差し歯をご希望の方に最適です。また、軽度であれば歯並びや噛み合わせも整えられます。

  • セラミックインレー

    虫歯治療で歯を削った部分を補う詰めものです。「金属の詰めものは目立つからイヤ!」という方におすすめです。

  • ラミネートべニア

    薄く削った歯の表面に、つけ爪のように貼り付ける薄いベニアです。自然で美しい白色が特徴で、ホワイトニングでは思うような効果が出なかった方におすすめです。2回程度の通院で完了します。

  • メタルボンド

    金属の上にセラミックを焼き付けた被せものです。審美性が高いだけでなく、丈夫で割れにくく、変色も少ない素材です。

マイクロスコープを用いた
審美歯科治療

正確で精密な治療

肉眼の3倍から20倍に拡大して診ることが出来るため、より正確でより精密に、そして安全に治療を行うことが出来ます。脳外科や眼科など精密な処置が必要とされる分野では、数十年前からマイクロスコープが普及しています。
歯科治療も非常に精密な処置が必要とされる分野です。日本での普及率はまだまだですが、いずれ多くの歯科医院でマイクロスコープが使用されるようになるでしょう。

仕上がりが美しい

特に繊細な処置が求められる審美歯科。マイクロスコープを使うことで、より高い精度の治療を行うことが可能となります。また、歯科技工士もマイクロスコープを使用して修復物を作成しておりますので、その完成度はハイレベルなものです。

ミスが少ない

肉眼の20倍まで拡大できますので、小さな虫歯の発見も可能となります。また肉眼では虫歯に見えたものが、拡大して見ると実はただ汚れていただけという場合もあります。したがって、健康な歯を間違えて削るようなミスを最小限にすることが可能です。

審美歯科症例

  • オールセラミックジルコニア1

    術前
    術後
  • オールセラミックジルコニア2

    ジルコニア型
    術後
  • 症例3

    術前
    術後
  • 症例4

    術前
    術後
  • 症例5

    術前
    術後
  • 症例6

    術前
    術後

審美歯科の注意点

  • 自由診療になるため、保険診療に比べ費用が掛かります。
  • 審美治療を行う前に歯を削ったり、別の治療を必要とする可能性があります。
  • 補綴物は材質や種類により、見た目や強度に差が出ることがあります。
  • 補綴物は患者さまによっては使用できない素材があります。
  • 補綴物が硬過ぎると、噛み合わせたときに歯肉や天然歯を傷つける場合があります。
  • 審美治療で使用する薬剤が患者さまによっては痛みを感じたり、沁みたりする場合があります。