笠間市友部の歯医者なら、あさひ歯科クリニック|都心レベルの治療を

矯正歯科

矯正歯科一般治療の必要性

矯正専門の歯科医院より、一般歯科の併設された歯科医院のほうが、実は矯正治療は向いています。

なぜなら、矯正中に虫歯ができた時、すぐに治療できたり抜歯が必要な際はわざわざ予約をとって一般歯科に行く必要もなく、定期検診の際も矯正のチェックと歯石除去、虫歯のチェックも一度にすむからです。

また、同一歯科医院で治療したほうが、治療に関する方向性が一致するので、治療の完成度が違います。

他院(専門医・専門医院)で治療後、どうみても、咬み合わせがうまくいっていない患者さんが来院しましたが、矯正の先生は、そんなことはないといって取り合ってくれなかったそうです。また、差し歯の間のすきまができてしまって、物がつまってしまう等ができても知らんぷりなど、矯正だけではなく一般治療・外科治療などの知識も必要になってくるのです。

もちろん当院の矯正の先生はみな、大学院で矯正の歯学博士をとった日本矯正学会の認定医です。

※矯正治療の一般的なリスクや副作用として、治療過程及び矯正装置の装着、着脱動作中に痛みや咬合状態の変化による不快感が生じる場合があります。また、矯正治療を中断した場合でも、治療前の状態に戻すことはできません。

小児矯正

お子様の歯は、いずれ生え替わります。そのため、お子様の歯並びが悪くてもそのままにしてしまう親御さんも多いようです。しかし歯並びが悪いまま生え替わりの時期を迎えると、永久歯が正常に生えてこないことがあります。また、乳歯は永久歯に比べて虫歯になりやすいので、歯並びが悪いとさらに虫歯になりやすくなってしまいます。

小さいときに虫歯にかかり治療時の治療機器の機械音などを聞いてしまうと、歯医者に対して怖いイメージが作られ、将来の歯の健康維持に悪影響をおよぼすことも……。そうならないために、もしお子様の歯並びが気になるようなら、一度当院までご相談ください。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)について

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、歯科医療の先進国であるアメリカで開発されたマウスピースを用いた矯正治療です。

一般的な矯正治療で歯を動かすときに使う金属製のワイヤーとブラケットを用いず、ポリウレタン製のマウスピースを使って歯並びを整えます。歯の動きに合わせて2週間ごとに付け替えていき、安全・確実に歯を理想的な位置へと誘導します。
装置が透明なので目立たない、取り外せるため清潔に使えるのがマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)の特徴です。

ページトップへ戻る