笠間市友部の歯医者なら、あさひ歯科クリニック|都心レベルの治療を

入れ歯治療

左右に動かしても安定する咬み合わせ

近年、歯をできるだけ抜かないことによって歯周病が進行し、義歯を入れる顎堤いわゆる「どて」の高さが低い、ない人が多くなりました。

人は顎を左右に動かしますがどてがないと、その度に下の入れ歯が動いて安定しません。その結果痛みがでるという事になります。

左右に動かしても安定する咬み合わせを入れ歯に付与することが必要で、このバランスドオクルージョン(フルバランスドオクルージョン)を付与することができるDr や技工士はとても少ないのです。

日本人の咬み方に合わせた咬合を採用

入れ歯治療がうまくいかない、痛みがある人の90%以上は咬み合わせの位置決めがずれているのと、入れ歯の咬み合わせをうまく作れていないかのどちらかです。

一番リラックスできる姿勢・時間で一番安定する位置に咬み合わせを再現することです。実はこれが以外と難しく、前後左右にずれてしまうことが多く、ずれた位置で咬み合せて作っても、まずうまくいかないのです。

また位置決めがうまくいっても、前で咬んだり左右に義歯を動かした時に安定した咬み合わせを作ることができないと、うまく噛めないのです。日本人は、米・穀物をすりつぶす動きをするので欧米人の肉を咬む動きとはちがうので欧米の咬み合わせの考え方とは違うのです。

当院の咬み合わせの考えは日本人の咬み方に合わせた咬合を採用しているのです。

専門用語でバランスドオクルージョン、フルバランスドオクルージョンです。

実は、このバランスドオクルージョン、フルバランスドオクルージョンがよし、と考えている歯科医師は少なく、また作れる技工師はごくわずかです。

当院では義歯の製作では日本一と考える、メグデンタルに外注しています。日本最高の技術をぜひ受けてみて下さい。義歯のイメージが根底から変化します。

まず調整がほとんどいらず、前でも左でも右でも咬めて安定する義歯を、体験してみて下さい。

残念ですが、このよく咬める義歯は保険治療では出来ません。上下で50 万となります。

入れ歯の種類

部分入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯は、数本抜けた歯を補います。両隣の健康な歯に金属バネをかけて支えにするため、支えとなる歯のこまめなメインテナンスが欠かせません。

総入れ歯

部分入れ歯

総入れ歯は、すべての歯を失った場合に装着します。これまで素材によっては違和感や痛みを伴うことがありましたが、現在はつけ心地が良く、噛みやすい入れ歯も多く開発されています。

保険適用と自由診療

入れ歯は、保険が適用されるものと自由診療(全額自己負担)のものがあります。
保険適用範囲内の入れ歯は手頃な価格で手に入るものの、指定された素材(レジン)しか使用できないため、つけ心地に違和感があったり、食べものの温度や食感が伝わりにくかったりするという大きな欠点があります。またレジンは吸水性があるため、使っていくうちに変色してしまいます。

一方、自由診療の入れ歯は素材に制限がないため、機能性や快適性を追求した精度の高い入れ歯を作ることができます。

自由診療の入れ歯

金属床入れ歯

金属床入れ歯

「金属床入れ歯」とは、歯ぐきの部分(床)に金属を使用している入れ歯です。そのため熱伝導が良く、食べものの熱を感じやすく美味しさが損なわれません。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは、アメリカ発の金属バネを使用しない入れ歯です。50年以上の歴史があり、世界30ヶ国に普及しています。硬質レジンとスーパポリアミドを併用した、見た目の美しさと機能性を兼ね備えた入れ歯です。弾力性があり、衝撃耐性は従来の入れ歯の実に15倍。丈夫で軽く、つけ心地抜群です。アメリカ食品医薬局(FDA)承認済みで、安全性も折り紙付き!

ページトップへ戻る