笠間市友部の歯医者なら、あさひ歯科クリニック|都心レベルの治療を

インプラント治療

当院のインプラント治療

アンキロス、カルシテック、オステム、ケンテック、POI、ノーベルバイオケアなど、様々なシステムを導入し、他院でのトラブルも対応できるようにしておりますのでご相談下さい。

また世界No1の歯科メーカー「デンツプライ」の「アンキロスインプラント」システムで現在No1の症例数を誇っております。

オールオンフォー治療ではドクターマロに日本で唯一認められたノブデンタルクリニックの小原澤友伸先生を招いてオペしております。

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント治療は、歯を失ってしまった部位にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上から人工歯を取り付けて咀嚼(そしゃく)機能を回復する治療法です。チタンは極めて安全性の高い金属であるため、拒否反応を起こさずにしっかり顎の骨と結合します。自由診療(全額自己負担)であるため、入れ歯より高額な治療費を必要としますが、自分の歯と同じように思いきり噛むことができます。また、天然歯と見分けのつかない美しい見た目も大きな魅力です。

インプラント治療においては13年間、様々な技術が開発され試行錯誤しながら治療をしてきました。
現在たどりついた答えは

答え

あまりにも複雑な治療は患者様の精神的苦痛も大きくまた治療期間も長く治療費も高くなります。なるべく治療をシンプルにしたほうがそれらの事をクリアすることができるのです。

今までは抜歯をしてから4~6ヶ月治療期間を置いてからインプラントを埋入、3ヶ月経ってから2時手術と治療期間が1年以上というケースも多くありました。今では抜歯と同時にインプラント埋入も可能となりました。(ただし、全てのケースで可能というわけではないので適正な診断が必要不可欠です。)

当院のインプラント治療への取り組み

インプラント治療は高度な外科的手術をともないますので、オペの前には入念な準備が欠かせません。あさひ歯科クリニックでは、最新機材によるCT撮影・分析を行い綿密な治療計画を立て、1人ひとりの患者様に最適なインプラント治療を行っています。
また、アンキロス、カルシテック、ノーベルバイオケアといった名高いインプラントメーカーの中からそれぞれの症状に合ったものをご提案します。

抜歯即時インプラントでは当院ではZimmer社(アメリカ)のスプライン・MP-1ツイストを使用しています。

ページトップへ戻る